講演依頼について

講演依頼について

講演講師紹介

鷲見典暁写真
鷲見 典暁 (ワッシー)

通常の講演スタイルと参加者対話型講演スタイルを使い分ける講師として評価を受ける。参加対話型講演は、ストーリーテラーとファシリテーターを合わせた形で、即興的に内容を柔軟に変更しながら進める。このような講演スタイルは、インプロパーティーとも呼ばれ、一方通行的なメッセージ発信でなく、講演者と参加者、参加者同士の双方向なやり取りに拘り、会場全体で一体感を創りだすことを実現する。

講師: 鷲見 典暁(ワッシー)より
難しい話よりも、皆さんに分かりやすく、楽しくお話しすることで、皆さんと共に楽しみたいと思っています。 一人ひとりの人間の奥深さ、成長への可能性、組織の在り方や活性化など、日本の体験に留まらず、海外での経験も交えてお伝えしたいと思います。

講師経歴

現職
株式会社リリオール 代表取締役社長
NPO法人京都カウンセリングセンター理事長
アジアメンタリング協会 会長
アイスブレイク協会 会長
経歴
大学卒業後、商社、FPオフォイス等を経て、
2002年 NPO法人京都カウンセリングセンター設立
2003年 株式会社リリオールを設立し現在に至る
2012年 アジアメンタリング協会設立
2012年 アイスブレイク協会設立
その他、社団法人日本産業カウンセラー協会 京都事務所 副所長
日本メンター協会 理事長
株式会社プレスタイム 代表取締役社長
NPO法人日本メンター協会 会長 などを歴任
 
専門分野
カウンセリング
メンタルヘルス分野
ストレスマネージメント
メンタリング
組織活性(学習する組織)
マインドバランス関連
キャリア開発
ポジティブ心理学
ワークエンゲージメント
アイスブレイク

講演内容例(その他、専門分野でご希望に合わせた講演テーマも可能です)

テーマ1:「組織活性 8のステップ」
~ 対話を通して個人も組織も成長する (学習する組織の創り方)~

人が成長する為の要素として最大のものが人との関わりの中にあります。また、組織が成長する原動力は一人ひとりの成長と、チームの活性化にあると言えます。
この2つの要素をバランスよく進めていくための組織学習の方法には、押さえておきたいポイントがあります。
数多くの組織活性化に携わり、講師自身が磨き上げた組織活性成功のステップを紹介します。

テーマ2:「メンターになろう」
~ 誰でもメンターであり、だれでもメンティーである ~

人生の師としてのメンターに留まらず、人と人が影響し合い、成長し合い、支え合う関係こそが、現代に求められているメンタリングです。
メンターはメンティーが居てこそ成り立ち、メンティーはメンターが居てこそのメンティーと言えます。要は、人間関係の理想的な一つの形と言えます。
さあ、あなたも肩肘張らずにメンターやメンティーになりましょう。
長年メンタリングに関わってきた講師ならではの視点で、人間関係の素晴らしさを再発見するヒントをたっぷりとお伝えします。

テーマ3:「心の中でアイスブレイク」
~ 心の中、人間関係の中、組織の中などにあるアイスウォールを(氷の壁)溶かす ~

アイスブレイクと聞くと、研修や各種集まりの冒頭で、参加者の緊張をほぐしたり、場を和ませる為に使う手法というイメージが定着しています。
しかし、アイスブレイクの本当の価値は、一人ひとりの心の中にある、人とのかかわりの中にある、組織の中、社会の中にある氷の壁を砕き、溶かす力だと言えます。目に見えない氷の壁は至る所に存在します。
そして、氷の壁は存在すべくして存在しています。
そして、その理由に気づくことで氷の壁が一瞬にして溶けることもあります。
どの様にすれば氷の壁を砕き、溶かすことができるのか?その秘訣をお話します。

テーマ4:今日からはじめよう!
~ いつからでも始められる、やりなおせる ~

人の可能性は無限大です。その可能性を信じられるか、どうかにすべてが掛かっています。
自分を信じ、本当に達成したいものか何かを見極め、時間軸を考え、柔軟な思考でしなやかに行動する。
たったこれだけのことですが、それができないのも人の特性です。その様な人の特性、人の魅力を再発見し、楽しみながら第一歩踏み出せるコツをお話します。

テーマ5:
ネガティブでもポジティブでも構わない。あるがままの自分であり続けよう!

ポジティブ心理学が脚光を浴びる中、ポジティブでなければ、プラス思考でなければと苦しんでいる人々がいます。
また、ポジティブ思考、プラス思考という言葉に嫌悪感を覚える人々もいます。
ポジティブ、プラス・ネガティブ・マイナスの呪縛から解き放たれ、今の自分をしっかりと受け止め、あるがままの自分を感じながらイキイキと生きる方法をお話します。

テーマ6:難しいことを楽しくやろう!

世の中には、簡単なことを難しい顔をしてやる人もいれば、難しい事を楽しみながらやる人もいます。
この違いはどこにあるのでしょうか?また、良い悪いでは判断できない部分が多くありますが、成果を出す観点、成長や充実という観点などから観れば、難しいことを楽しくやる方が、好ましいと言えると感じています。
どの様に考え、どの様な行動を日々心掛ければ、難しいことでも楽しく進められるか、そのポイントに関してお話します。

 

 

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

Return to Top ▲Return to Top ▲